kanossaのブログ

歴史小説や時代小説を綴ることを中心としたブログです。
簡単に読めるものを書いていきます。最初は、戦国時代
に主君大内義隆を殺害し、厳島の合戦で毛利元就に敗れ
散っていった陶晴賢(五郎→陶隆房→陶晴賢)を主人公
とした「TAKAFUSA」を書きすすめます。

TAKAFUSA その4 陶晴賢 父の想い(二)

その4
(二)
 
その夜のこと・・・ 陶興房が書き物をしていると、


 「あなた、お茶がはいりましたよ」と、
妻のお藤が部屋に入ってた。 


「ああ」と興房。 


お茶碗を机におきながら、お藤は興房の横顔をじっと見つめた。
 
「冷たい男だろうと思っているのだろう。長男の興昌を斬ったのも俺だものな。」 


「・・・」
お藤は目を伏せた。 


「俺もさすがに人の親でな・・・子はかわいいものよ。
此度のことも犬に殺されずに、よう帰ってきてくれたとも思う」 
興房は、おもむろにお茶を口にいれた。 


お藤は伏せた顔をあげ、興房の瞳をみつめた。 


「なれどな・・・上に生まれついた人間は、下の人間の命を預かっておる。
その重みを五郎にもわかってほしいのじゃ」
 
外から「リィリィリィリィ」と鳴く虫の声が聞こえた。
 
「卜伝殿があらわれなんだら、又二郎も与吉も百乃介も、
そして、五郎も死んでいたろう。
それも五郎の失態の所為で・・・
上に立つ者の<ruby style="ruby-align: distribute-space;">責任<rp>(</rp><rt style="font-family:;" 明朝",serif;="" line;"="" 5pt;="" ms="">せめ</rt><rp>)</rp></ruby>の重さを、家来たちの命の重みを・・・


つづけて、
「これから先、戦で家来をたくさん失うこともあろう・・・
が、それを当たり前じゃとは思うてほしくなくての」
 
表情の和らいだ妻は、興房に丁寧に礼をして部屋を出て行った。
 
ふたたび「リィリィリィリィ」と鳴く虫の声が部屋に響いた。
 
その数日後、陶興房が山口で評定が行われるため、出立することになった。


塚原卜伝と、やっと父に許された五郎も同行することとなった。
 
卜伝が城を出たところで、視界の下に広がる陽に照らされて美しく輝く瀬戸内の海を見て、


「毎日かようか美しい景色がみれるとは羨ましい。
まさに心洗われる思いがいたしますな」
と興房に言った時・・・
 
一人の武芸者と見える男が卜伝の目の前にやってきて、
「失礼だが、塚原卜伝殿ではないしょうか」 


「いかにも、塚原卜伝である」


その男は年の頃は二十五・六歳だろうか。
巨漢で約百八十センチはあろうかという体躯。
顔の下半分は髭に覆われており、
赤鬼のような顔をしていた。
 
「拙者は、肥後出身の瀬田甚兵衛と申しまする。
誠に突然で、何のだが・・・真剣での立ち合いをお願いしたい!」
と男は卜伝に詰め寄った。
 
卜伝は、
「このような唐突な立ち合いは、断ることにしておる」 


陶興房と五郎は、二人のやりとりを黙ってみつめていた。 


甚兵衛の目が針のように光った。
「どうでもお願いしたい」 


「できぬ!」と卜伝。 


「では、勝手にやらしてもらうまでのこと・・・」
甚兵衛は、少し腰をかがめた姿勢をとった。
 
「どうしてもか?」 


「うむ?」と甚兵衛が頷いた。 


「わかり申した、されば十日後の同じ時刻、ここで!
山口にある大恩人の墓に参るため今回の旅に出た。
それは私にとっては必ず果たさねばならぬこと。
承知していただきたい」
 
「卜伝殿、誠に約束違えず、来ていただけるのかの?」


 「この卜伝が言うこと、信じれぬと申すかー!」と大喝した。


 その厳しい語気と表情は、この数日間の卜伝のおだやかな態度とは
打って変わったものだったので、興房も五郎も驚かされた。
 
甚兵衛も、その迫力に圧され、十日後の立ち合いを承諾した。 


「では十日後、ここで」と卜伝。 


甚兵衛を後にして、卜伝、興房、五郎は歩き出した。
 
しばらく行き甚兵衛の姿が見えなくなったところで五郎が、
「塚原様、本当に立ち合われるので・・・」
 
興房はにやにやしている。


卜伝は、

「今のは真っ赤な大嘘でござる。

あの手の手合いが、まさに雨後の筍のように・・・

一々相手しておっては切りがありませぬ。

それに、あたら若い命を散らすのは趣味ではござらぬ。」


「・・・」と五郎。


「卜伝は、嘘は嫌いだが、この点に関してだけは大嘘つきでござる!

はっはっはっ、十日後は霧のようにどこかに消えてござるー」

と卜伝は大笑いしていた。